世界で一番難しい言語である中国語の翻訳を依頼するために

中国語翻訳家になりたい人

中国語翻訳家

 

中国語の翻訳はどう依頼すればいいのか

翻訳依頼は基本的には翻訳業者に依頼すれば、専門の翻訳家者が取り揃っています。中国語も最近ビジネスでの活用が増加するにつれて、中国語専門の翻訳業者というのが増えてきました。そういったに依頼すると、難しい専門用語でも中国語の翻訳者がしっかりと翻訳してくれます。

単にビジネス文書だけを翻訳してほしい。という場合なら文書ファイルを渡して翻訳して返してくれる。という小さな依頼も受けてくれる翻訳業者も存在します。インターネット上で申し込みや、やり取りが出来ますし、依頼後すぐさまに翻訳して返してくれますし、翻訳料金も業者によりますが、比較的安く翻訳してくれるサイトもあります。中国語は英語に次いで今2番翻訳が多い言語ですし、リーズナブルな価格で翻訳してくれる翻訳業者も増えてきてくれています。工業技術分野はもちろん、ほかにいろんな分野の専門用語にも対応している所もおり、一般の翻訳家でも難しい文書も楽々と翻訳してくれます。

インターネットで気軽に申し込める翻訳サイトばかりですし、大きな業者から小さな業者、個人経営の所でもしっかりと対応してくれます。依頼をするなら、まずネット専門で翻訳事務所や翻訳業者などを見てみるのが重要なポイントです。中国語のほかにも色んな言語にも対応している翻訳業者もありますし、中国語専門の業者なら中華圏の地域によっての方言なんかにも対応している所もあります。

ビジネスに分かりやすい中国語の翻訳を依頼

実は中国語は世界で一番話されている言語です。但し、正確にいいますと中国の言葉も相当に方言があります。主要な方言だけでも五本の指で数えきれないほどです。但し、翻訳の場合は通常に公用語を使用し、これを普通語といいます。中国語と日本に限ってこれを普通語ということが多いです。

さて、上記以外に翻訳依頼ができる所はどこにあるのかといいますと、最近ではインターネットで翻訳者を紹介してくれる方法があります。簡単に言うと一種のクラウド上の翻訳ソーシングなのですが、このような仕事では翻訳も実に多いです。いきなり大変重要な翻訳を依頼するのではなく、小さな翻訳文書を試訳させてみてから本格的な仕事を依頼するべきでしょう。あくまでクラウドソーシングで翻訳を依頼する場合の事ではありますが、個人翻訳者に対して依頼をすることになります。翻訳業者に依頼するわけではないので、単価は安い割にリスキーではありますが、信頼できる翻訳者であるならば、実に利用できる翻訳をしてくれる人を探す方法です。

英語も多いですが中国語もそれ以上に請け負っている人が簡単に見つけられる言語になっています。さすがに中国語は世界で一番話されている言語だけあって、翻訳ができる人が多いのです。

翻訳家として職業になっていくためには

翻訳家になるには資格が必要というわけではありませんが、やはり語学力と翻訳経験は必要になってきます。まず語学系の大学に進学するか、翻訳を専門に学べる専門学校などで、語学力や翻訳力を磨き、より高度な語学力を習得するには海外留学も選択していくのが良いでしょう。

また、ほかに仕事をし生計を立てながら翻訳家を目指す方法もあります。通信教育でも翻訳講座があるので、それが多く利用される方法の一つです。翻訳業者などに就職して、本格的に翻訳業務を行っていく方法もありますが、数が少ない中でかなり厳しいと言われております。翻訳業者に在宅翻訳者を登録して、翻訳仕事を請け負うという方法もあります。フリーランスとして自由に翻訳の仕事をしていく方法もあります。いずれにしても、中国語と日本語の語学力に加え、幅広い知識や情報収集が翻訳業務を行うには不可欠です。

専門分野で自分が得意な分野があれば、それを活かして工業翻訳という道もあります。他にも出版や映像など、いろいろな翻訳の道があります。英語の翻訳が最も多い代わりに翻訳者も多くいます。中国語など他の外国語の翻訳もできるようになれば、さらに幅広く仕事の受注ができるようになるでしょう。翻訳の仕事をしていくためにも、しっかりと依頼された仕事をこなすことは大切です。いろいろな翻訳業者とのつながりからリピード依頼を受けることも少なくありません。いろいろなチャンスを生かして、翻訳家を目指していきたいものです。

中国語圏のビジネスをするときは是非中国語翻訳の翻訳業者を是非ご活用ください!ご予算、必要とされるクオリティを適切価格で、タイムリーに提供できる翻訳業者をお求めください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました