中国語翻訳会社のおすすめは?評判や選ぶポイントも紹介

近年、中国語翻訳が必要とされる機会が増えています。しかし、どの中国語翻訳会社に依頼すべきかが悩みどころではないでしょうか。

そこで、フリーランスで中国語翻訳をしてきた私が中国語翻訳会社のおすすめを紹介します。それぞれの評判や選ぶポイントを紹介するので、今後中国語翻訳を依頼する際の参考にしてください。

中国語翻訳の特徴を確認

中国語翻訳の特徴を確認

義務教育で習う英語とは異なり、中国語を学ぶ機会は少なく、中国語翻訳というとイメージはつきにくいのではないでしょうか。そこで、中国語と接する機会が少ない方にも親近感を持ってもらえるように、ここでその重要性や特徴を解説します。

中国語翻訳の重要性

以前と比べ、中国語に関する話題を耳にすることが増えた気がしませんか?中国語に携わる仕事を続けてきた私自身、中国語翻訳の需要が近年ますます高まっているという実感があります。

これは、多くの人が中国語翻訳の重要性に気づいたからではないでしょうか。中国語翻訳の重要性は、以下3つの点から説明できます。

中国・台湾は重要な貿易相手国

人件費の安さから、各国の企業が中国の労働市場に注目し、次々と中国進出を果たしています。それに伴い、中国は「世界の工場」とまで呼ばれるようになりました。

その後人件費が高騰したため、労働市場としての魅力はやや衰えたかもしれません。しかし、中国はこの数十年で驚異的な経済成長を遂げたため、今では多くの国が中国を重要な貿易相手国と考えています。

日本にとっても、貿易相手国としての中国の存在感は高まるばかりです。その証拠に、2019年の貿易相手国1位は中国となっており、その額は約33兆円で全体の21.3%を占めます。

中華圏に属する台湾も約7.6兆円(4.9%)なので、この2地域を併せただけで4分の1を超えることになります。このデータだけでも、中国語翻訳の重要性が感じ取れるのではないでしょうか。
(出典: 財務省貿易統計

世界2位の経済大国の市場を開拓

もともと、労働市場として注目されていた中国ですが、名目GDPは既に日本を超え、世界2位となっています。これだけの経済大国ゆえ、今後ますます消費市場としても注目を集めることでしょう。

少子高齢化の影響で、日本の市場が今後拡大する見込みは薄いため、各企業生き残りをかけるためには、中国市場は見過ごすことのできない存在です。

高まる中華圏のインバウンド需要

日本政府観光局(JNTO)のデータによると、2019年の訪日外客数は約3,200万人です。そのうち、中国・香港・台湾を合計した数は約1,700万人ですので、中華圏からの訪日客で半数を超えていることがわかります。
(出典: 日本政府観光局(JNTO)「2019年 訪日外客数(総数)」

インバウンドは今後、日本政府としても積極的に推進する分野ですから、観光に関連する業界の企業はますます中国語翻訳の必要性が出てくるはずです。

中国語翻訳が難しい理由

中国語翻訳の重要性がわかると、自分で中国語翻訳を試みたくなります。特に、中国語は日本語と同じく漢字を使用するからなんとなくできるのではと甘く考えてしまう方もいるかもしれません。

しかし、いざ取り掛かってみると中国語翻訳がとても難しいことがわかります。これに、様々な理由がありますが、代表的な例が地域による言葉の違いや文字の違いです。

中国語と一括りにいっても、簡体字と繁体字がありますし、地域によって北京語、広東語、台湾語の違いもあります。それらの違いをしっかり理解しなくては中国語翻訳はできません。

そのため、中国語翻訳会社を利用するのが現実的です。例えば翻訳会社FUKUDAIは、顧客のニーズに合わせて「繁体字」や「簡体字」のネイティブ翻訳者やチェッカーを担当につけてくれる心強い翻訳会社です。

中国語翻訳会社の現状

中国語翻訳会社の現状

中国語翻訳の重要性や自分で翻訳することの難しさがわかると、次に中国語翻訳会社の存在が気になるところです。そこで、中国語翻訳会社の現状をおさえておきましょう。

中国語を翻訳する会社が乱立

「中国語翻訳」で検索をかけるとわかるように、実は中国翻訳会社を名乗る会社が多数存在します。それだけ中国語翻訳のニーズがあるということでしょう。

ご自身が住む都道府県でも、検索をかければいくつかヒットするはずです。

専門会社は実は少ない?

中国人留学生を始め、中国語と日本語両方を理解できる人が日本にはたくさんいます。しかし、ここで気をつけていただきたいのが、中国語の専門会社が実は少ないという点です。

専門性の高い翻訳会社とは、各翻訳分野に対して、品質や専門性の高い翻訳を対応ができる会社です。さらに様々なファイル形式にも対応でき、最終的に見た目が綺麗で、読みやすいドキュメントに仕上げてくれるというメリットもあります。

また、料金的にリーズナブルで、丁寧に対応してくれる会社となるとさらに少ないでしょう。その点、翻訳会社FUKUDAIはいずれの要件もクリアしている印象を受けます。

翻訳会社FUKUDAIは、各専門分野に精通したプロフェッショナルがいますし、アフターサービスや料金割引キャンペーンも充実しています。

中国語翻訳会社の選び方

中国語翻訳会社の選び方

ここからは、中国語翻訳会社の選び方のポイントを3つ紹介していきます。

対応レスポンスをチェック

中国語翻訳を依頼する際、スピード感を持って対応してくれるか、コミュニケーション能力があるかといった点を見極めることが重要です。そしてそれを確認する方法の一つが、見積もり依頼です。

見積もり依頼に対するレスポンスが早く、丁寧な応対をしてくれる会社を選ぶことがポイントです。

その点、翻訳会社FUKUDAIでは、無料見積もりを60分以内で回答してくれます。また、依頼に対して専門のコーディネーターもつけてくれるので、中国語翻訳の依頼が初めてで不安が多い方も安心して確認できるはずです。

品質管理も重要

取引先や商談先と実りのある交渉をするためにも、質の高い中国語翻訳が求められます。そこで、品質管理の体制が整っている中国語翻訳会社を選ぶことがポイントです。

例えば翻訳会社FUKUDAIでは、プロフェッショナルな翻訳者が作業を行った上で、校正者による翻訳チェックや、全体の整合性を確認する最終仕上げまできっちりとしたステップが踏まれています。

中国語翻訳の実績や評判を確認

翻訳依頼する前に、各中国語翻訳会社の実績や評判をWEBサイトやパンフレットでチェックしておきましょう。これは、専門性に欠ける中国語翻訳会社に発注するリスクを軽減するためにも、必要な作業です。

得意分野の確認も必要

専門性のある翻訳会社であっても、各翻訳会社によって得意、不得意があります。そこで、見積もり依頼時にどのような分野の翻訳を依頼するつもりか伝えておくことも重要です。

翻訳会社FUKUDAIのWEBサイトには、技術翻訳、産業翻訳、法律翻訳、観光翻訳など幅広い分野での実績を見つけられるので、安心して依頼ができます。

中国語翻訳会社を選ぶ際の注意点

中国語翻訳会社を選ぶ際の注意点

また、中国語翻訳会社を選ぶ際に注意していただきたい点もあります。発注後に後悔しないためにも、以下の点を確認しておきましょう。

機密保持やセキュリティの徹底

無料オンライン翻訳には、情報漏洩リスクがあることが以前より指摘されています。また、直接依頼する場合であってもこのようなリスクは存在するため、セキュリティや機密保持対策をしっかりと講じている中国語翻訳会社を選ばなくてはいけません。

ここで紹介したいのが翻訳会社FUKUDAIのセキュリティ対策です。インターネットの安全対策はもちろんのこと、事務所の出入りにも厳重なセキュリティ対策が講じられており、機密文書の社外持ち出しも禁止されています。さらに業務担当者と機密保持契約が結ばれている点でも安心感があります。

ターゲットのエリアを確認

既に述べたように、中国語の中でも、北京語、広東語、台湾語、そして簡体字と繁体字といった分類があります。効果的なマーケティングを進めるためにも、自社がターゲットとする層はどの漢字を使用しているかを事前に把握しておきましょう。

中国語翻訳の相場

中国語翻訳の相場

中国語翻訳会社の選び方や注意点を紹介してきましたが、みなさんやはり料金が特に気になるのではないでしょうか。料金は中国語から日本語にするか、日本語から中国語にするかによっても異なります。

中国語翻訳価格を比較

では、実際の相場はどうなっているでしょうか。ここでは、私がピックアップした中国語翻訳会社の比較を紹介します。

比較するのは、低価格会社、クラウド翻訳、高価格会社、そしてこの記事で何度かおすすめしたFUKUDAIの4社です。以下の図表をご参照ください。

円/100文字 低価格会社 クラウド翻訳 高価格会社 FUKUDAI
日本語→中国語 700円~1,000円 500円~1,500円 1,000円~1,600円 700円~1,200円
中国語→日本語 900円~1,000円 500円~1,500円 1,200円~1,500円 900円~1,400円

これを見ると、実績やフォローが充実しているにもかかわらず、FUKUDAIの価格帯が決して高価格ではないことがわかると思います。なお、実際に発注する際には各社のキャンペーンにも注目してみてください。

例えば、FUKUDAIなら、法人初回10%割引、文章内重複割引、大口割引制度といったキャンペーンがあります。先ほど紹介した価格帯よりも低価格で注文できる可能性もあるのでおすすめです。

クラウド翻訳とは

価格表でクラウド翻訳という言葉が出て気になった方もいるかもしれません。これはWEBサイト上で翻訳依頼を行い、翻訳者をマッチングしてくれるというサービスで、近年注目されているものです。

このサービスでも翻訳者を指名できますが、電話やメールで連絡を取り合うことができず、細かいニーズが伝わりづらいというデメリットがあります。また、翻訳者以外のチェックが無いことも多く、翻訳の品質を担保できないという点にも注意が必要です。

中国語翻訳会社のおすすめはFUKUDAI

中国語翻訳会社のおすすめはFUKUDAI

以上、中国語翻訳会社の選び方を紹介してきました。私の個人的な意見としては、翻訳の品質、セキュリティ、料金体系など総合的にみても、翻訳会社FUKUDAIの一択です。

簡体字翻訳と台湾に特化した繁体字翻訳の専門サービスを開設しているので、中国語翻訳ならではの課題も解消してくれます。まだ中国語翻訳会社選びで迷っている方は、一度FUKUDAIに見積もりや無料翻訳トライアルを依頼してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました